地方自治と議会の今をつかむ、明日につながる

議員NAVI:議員のためのウェブマガジン

『議員NAVI』とは?

検索

2015.03.10 選挙

政策型選挙で勝ち抜く~政策のチカラが選挙を変える、マニフェストスイッチプロジェクト~

LINEで送る

役所に副次的効果

福田(川崎市長) 熊谷市長がおっしゃったトレードオフの関係をしっかり見せていくということはすごく重要なことだと思います。つまりコストの見える化ですね。
 私が市長に就任したとき、待機児童対策の関係で保育所に子どもを1人預けるといくらの税金が投入されるのかということを聞いたところ、担当者は即答できませんでした。そのくらいコスト感覚が欠如していた。今年度は、保育所の募集要項にも、わざわざ金額を入れました。口を開けば財政のことばかり、金がないとばかり言って、だんだん嫌われつつあるんですけれども(笑)。でも、これを文化にしていかなくちゃいけないと思うからなんです。
大西 政策をつくる過程で住民参加をしていただくときには、行政は他の自治体の状況について住民に示さなければなりません。つまり、住民参加を政策形成に組み入れることで、役所も当然そういう調査を一生懸命にやるという副次的効果がある。この辺がマニフェストを生かしていくという上では非常に大きいと思います。
 議員のマニフェストにありがちなのは、あれもやります、これもやります、ということしか書いていないということですが、自治体を経営していくという首長の立場からすれば、「今年これを強化してやるのであれば、ここの部分を落としますよ」という議論が必ず出てくるわけですね。だから、私はそういう意味での説明をしっかりとできる関係づくりというのを、まずは選挙の過程でやっておく、そして当選後も常に住民への説明を繰り返しながら政策を実現させる方向につながっていくかなと思っています。

達成が最終目的ではない

──首長の任期は4年ですが、一定の成果を出すと考えると、この4年という期間はとても短いと思います。例えば福田市長のように「中学校給食を実施します」とマニフェストに書かれていれば、当選後ロケットスタートで具体論に入れます。マニフェストにはっきり書かれていないと、そうはいきません。マニフェストに「期限」を切ることを、皆さんはどう思われますか。
熊谷 期限に意味のある場合はマニフェストに期限も書きます。「できるだけ早期」といった"早くやります"というメッセージを出すときもありますし、具体的な年限を出す場合もありますが。私は、当選後いわゆるマニフェストの進捗状況を示しています。具体的な行動計画を4年で区切って書き、半期に一度更新をしています。マニフェストで一番大事なのは、一つひとつの期限というより、やっぱり優先順位の考え方が有権者に伝わるかどうかだと思います。
福田 中学校給食の話を例に出されたのでお話ししますが、市内3か所に給食センターをつくることになり、PFIで入札とそこまでは順調に進めてきましたが、建設需要がひっ迫してしまい、計画が10か月ほど遅れてしまったのです。その結果、私の任期が終わる2か月前に稼働する給食センターと、2か月後に稼働するセンターができることになりました。中には、「市長、半分公約が達成できないということですね」という指摘もありましたが、そのとおりだと受け止めています。4年任期の中でやるということになっているので、そういう意味では全部区切られている。
 私が失敗したなと思っているのは、マニフェストの中に優先順位を付けていなかったことです。全部がトッププライオリティみたいになってしまった。これからの3年間、政策ごとに進捗の熟度が異なって出てくると思いますが、そういうときにやはり優先順位が必要です。熊谷市長が言われるように、優先順位をしっかり付けるべきだと思います。

熊谷俊人 千葉市長 × 福田紀彦 川崎市長 × 大西一史 熊本市長

この記事の著者

熊谷俊人 千葉市長 × 福田紀彦 川崎市長 × 大西一史 熊本市長

熊谷俊人 千葉市長 千葉市長、第8回マニフェスト大賞特別賞受賞。1978年生まれ。父の転勤に伴い千葉、奈良、大阪、兵庫に在住。1995年1月阪神・淡路大震災被災。電気・ガス・水道などのライフラインが全て止まり、自衛隊のポンプ車のお世話に。当たり前のようにそこにあったものは誰かがどこかで支えていることを痛感し、この頃から公共を意識する。2001年早稲田大学政治経済学部経済学科卒業、NTTコミュニケーションズ株式会社入社。2006年民主党の市議会議員候補公募に応募、合格。2007年4月千葉市議会議員(稲毛区)に初当選。2009年6月千葉市長選挙に立候補、初当選。2013年5月より2期目。 http://www.kumagai-chiba.jp/ 福田紀彦 川崎市長 川崎市長、2代目マニフェスト大賞実行委員長。1972年生まれ。川崎市立長沢中学校卒業後、父の転勤に伴い米国へ。現地の高校に入学し、学校の授業で政治について先生と生徒、また生徒同士が活発に語り合う光景にカルチャーショックを受ける。アトランタマッキントッシュハイスクール卒業。米国ファーマン大学卒業後、松沢成文衆議院議員(元神奈川県知事)秘書などを務める。2003年神奈川県議会議員(川崎市宮前区)に県議会最年少議員として初当選。2009年10月川崎市長選に挑戦するも2万8,000票差で次点。神奈川県知事秘書、早稲田大学マニフェスト研究所客員研究員を経て、2013年川崎市長選初当選。 http://www.fukuda-norihiko.com/ 大西一史 熊本市長 熊本市長、2代目ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟共同代表。1967年生まれ。1986年3月熊本県立熊本北高等学校卒業。1992年日本大学文理学部心理学科卒業、日商岩井メカトロニクス株式会社入社。1994年11月内閣官房副長官・園田博之代議士秘書を経て、1997年12月熊本県議会議員に初当選(当時最年少)。県議会議員を4期務めるかたわら、2010年3月九州大学大学院法学府公法・社会法学専攻修士課程修了、2014年9月同大学院法学府法政理論専攻博士後期課程単位修得退学。同年11月熊本市長に初当選。 http://www.kazufumi.com/

Copyright © DAI-ICHI HOKI co.ltd. All Rights Reserved.

印刷する

今日は何の日?

2020年 4 5

明石海峡大橋開通(平成10年)

式辞あいさつに役立つ 出来事カレンダーはログイン後

議員NAVIお申込み

コンデス案内ページ

〔第2次改訂版〕地方選挙実践マニュアル 好評発売中!

自治体議員活動総覧

全国地方自治体リンク47

ページTOPへ戻る