地方自治と議会の今をつかむ、明日につながる

議員NAVI:議員のためのウェブマガジン

『議員NAVI』とは?

検索

2015.03.10 選挙

政策型選挙で勝ち抜く~政策のチカラが選挙を変える、マニフェストスイッチプロジェクト~

LINEで送る

マニフェスト選挙の第2フェイズへ

福田 やはり北川正恭先生がマニフェスト運動を始められて10年になりますが、首長レベルでは見事にマニフェストサイクルが回っていると思います。
 一方、議会のマニフェストはまだまだ発展途上にあります。だけど、私たち政治に携わっている者たちが、有権者から信頼に足り得るものを示していくためには、やはりどうしてもマニフェストだと思うんです。そのサイクルが回っていると、「なるほど、これをやっているな」「やっていないな」というチェックができる。その物差しがあるかないかは、この信頼関係を形成するもとになるものです。ぜひ、今度の統一地方選挙でもう一段の高みに持っていく必要があると思います。
 マニフェストによる「お願いから約束へ」という新しい選挙の文化を、北川先生がつくった。ところが今、低投票率により、約束する相手少なくなっているということに非常に危機感を持っています。
 確実にマニフェストを実行して、政策のサイクルを回していくことで、住民の信頼をかち取り、住民に政策形成に参加していただける、そういうよいサイクルを示していきたい。4月の統一地方選挙がマニフェスト選挙の第2フェーズのきっかけになるように、みんなで盛り上げていかなくちゃいけないなと思っています。

地方創生は政策選挙から

大西 もう私は自分で統一地方選挙に出なくていいんだなと思うと、しみじみと「ああ、自分の選挙が終わったんだ」としみじみ思うんですけれども(笑)。
 とにかく政策選挙という次のステップに行かないと、地方創生なんて不可能です。地方創生というのは、地方からつくり上げて国の仕組みを変えていこうということです。本当の地方のアイデア、それを実現させるだけの議員の力というのが発揮されないと、これはやっぱり不可能だと思いますね。
 執行機関だけではそのアイデアが出てこないんですよ。さきほど市民が私のシンクタンクだと言いましたけれども、市民に一番近く、一番行動ができるのが議員なんです。
 私が、議員を辞めて首長になってつくづく思ったのは、こんなに時間がないのかということです。議員のときはいろいろな研究をしたり、いろいろな意見を集約したりする時間が実はとてもあったんだから、もっとやればよかったと思ったくらいです。
 そういう意味でも、今度の統一地方選挙で自分自身のマニフェストというものをつくり上げること。住民の皆さんとのいろいろな対話の機会をつくり、それを議会でぶつけられるような、そういう統一地方選挙にしていただきたいなと思います。
 ――最後に首長の皆さんから、統一選に向けて力強いメッセージをいただきました。ありがとうございました。

熊谷俊人 千葉市長 × 福田紀彦 川崎市長 × 大西一史 熊本市長

この記事の著者

熊谷俊人 千葉市長 × 福田紀彦 川崎市長 × 大西一史 熊本市長

熊谷俊人 千葉市長 千葉市長、第8回マニフェスト大賞特別賞受賞。1978年生まれ。父の転勤に伴い千葉、奈良、大阪、兵庫に在住。1995年1月阪神・淡路大震災被災。電気・ガス・水道などのライフラインが全て止まり、自衛隊のポンプ車のお世話に。当たり前のようにそこにあったものは誰かがどこかで支えていることを痛感し、この頃から公共を意識する。2001年早稲田大学政治経済学部経済学科卒業、NTTコミュニケーションズ株式会社入社。2006年民主党の市議会議員候補公募に応募、合格。2007年4月千葉市議会議員(稲毛区)に初当選。2009年6月千葉市長選挙に立候補、初当選。2013年5月より2期目。 http://www.kumagai-chiba.jp/ 福田紀彦 川崎市長 川崎市長、2代目マニフェスト大賞実行委員長。1972年生まれ。川崎市立長沢中学校卒業後、父の転勤に伴い米国へ。現地の高校に入学し、学校の授業で政治について先生と生徒、また生徒同士が活発に語り合う光景にカルチャーショックを受ける。アトランタマッキントッシュハイスクール卒業。米国ファーマン大学卒業後、松沢成文衆議院議員(元神奈川県知事)秘書などを務める。2003年神奈川県議会議員(川崎市宮前区)に県議会最年少議員として初当選。2009年10月川崎市長選に挑戦するも2万8,000票差で次点。神奈川県知事秘書、早稲田大学マニフェスト研究所客員研究員を経て、2013年川崎市長選初当選。 http://www.fukuda-norihiko.com/ 大西一史 熊本市長 熊本市長、2代目ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟共同代表。1967年生まれ。1986年3月熊本県立熊本北高等学校卒業。1992年日本大学文理学部心理学科卒業、日商岩井メカトロニクス株式会社入社。1994年11月内閣官房副長官・園田博之代議士秘書を経て、1997年12月熊本県議会議員に初当選(当時最年少)。県議会議員を4期務めるかたわら、2010年3月九州大学大学院法学府公法・社会法学専攻修士課程修了、2014年9月同大学院法学府法政理論専攻博士後期課程単位修得退学。同年11月熊本市長に初当選。 http://www.kazufumi.com/

Copyright © DAI-ICHI HOKI co.ltd. All Rights Reserved.

印刷する

今日は何の日?

2020年 4 5

明石海峡大橋開通(平成10年)

式辞あいさつに役立つ 出来事カレンダーはログイン後

議員NAVIお申込み

コンデス案内ページ

〔第2次改訂版〕地方選挙実践マニュアル 好評発売中!

自治体議員活動総覧

全国地方自治体リンク47

ページTOPへ戻る