地方自治と議会の今をつかむ、明日につながる

議員NAVI:議員のためのウェブマガジン

『議員NAVI』とは?

検索

2016.08.25 議会改革

市民と議会の信頼関係の構築を目指して

LINEで送る

藤沢市議会事務局議事課主幹 田口英太郎

藤沢市議会について

 藤沢市は、神奈川県の中央南部の湘南海岸に面した気候温暖な人口約42万人の都市であり、相模湾に浮かぶ江の島は1964年の東京オリンピックに続き、東京2020オリンピック競技大会でもセーリング競技が開催されることが決定している。このためマリンスポーツが大変盛んで、海水浴客も含め年間1,800万人を超える観光客が訪れる観光都市となっている。
 古くは、中世に開かれた時宗総本山遊行寺の門前町として栄え、江戸時代には、旧東海道五十三次の6番目の宿場が置かれにぎわいを見せていた。現在では、JR東海道線や小田急江ノ島線をはじめ6路線が乗り入れ、東京から50キロメートル圏とアクセスも良好であり、高度経済成長期には人口の増加、自動車産業をはじめとする商工業の進出が顕著であった。
 一方、現在でも市内北部には緑や自然も多く残され、野菜や花卉(かき)の栽培などの都市型農業や畜産業等も盛んであり、某雑誌では主婦の住みたい町ランキング全国1位に輝くなど、住みやすく子育てのしやすいまちでもある。さらには、市内に4つの大学がある学園都市としての側面も持ち、また、市民オペラをはじめとする文化芸術も盛んであり、バランスのとれた発展を続けている。
 市議会の議員定数は36人(うち女性議員は5人)で、現在7つの会派が結成されている。市職員は約3,500人で、議会事務局へは筆者も含め14人が出向している。

議会改革と議会報告会のこれまでの取組

 本市議会では、2013年2月に全23条からなる議会基本条例を制定し、市民に親しみやすく開かれた議会の実現に向けて、請願及び陳情の際の意見陳述の実施や政策立案の強化、正副議長の選挙及び政務活動費の公開などの議会改革に積極的に取り組んでいる。中でも条例第9条では、市民に対し議会活動に関する情報を積極的に公表し、議会に対する市民の意思の把握及び意見を交換する場として議会報告会の開催と広報広聴機能の充実がうたわれている。それまで、原則として年4回の定例会最終日に開催されてきた議会報編集委員会を新たに広報広聴委員会として設置し、議会ホームページやインターネット中継配信、議会報告会の開催も所管することとなり、活発な議論が交わされ、2013年度は年間9回、2014年度には16回にも及び開催されている。
 また、議会報告会については、基本条例が施行された2013年4月に市内9会場で開催し、合計101人の参加があった。同年5月に誕生した広報広聴委員会では熱意あふれる1期目の正副委員長が就任された。議会報告会の開催に当たって、事務局は事前準備とサポートに徹し、当日は全議員参加の下、受付、進行、記録及び会場設営から片付けに至るまで、全ての役割を議員で分担するとのポリシーに基づき、精力的に同年10月・11月にも2回目の報告会を4会場で開催した。参加者は合計で55人と減少し、高齢化、固定化が進むとともに、意見交換の際には、一部の参加者が議員や市に対する不満をぶつける場となってしまった。
 それでも、終了後に、参加者の意見に市側からの回答を加えてホームページなどで公開するとともに、委員会で検証を行い、正副委員長が先進市に視察に伺ったり、専門家に話を聞いたりして、2014年の開催につなげた。
 2014年は、9月の市民まつりに市議会のブースを設け、議会報告会の開催チラシ入りのティッシュを作成し、議員自ら配布するなど、事前の周知活動にも力を注いだ。11月の報告会においても、テーマを絞って委員長自らパワーポイントで資料を作成し、より分かりやすい説明を心がけ、また、市内大学の教授に進行役と大学生の参加をお願いするなどの改善を行い、市内2会場で開催した。合計72人と参加者は増加したものの、建設的な意見交換にならない部分もあり、現行の開催方法では限界があるとの声も多く、一部会派からは「条例を改正してでも報告会は中止すべき」との意見も出される事態となった。

「議員と話そう♪カフェトークふじさわ」の開催

 2015年4月の統一地方選後、議会改革推進を公約とする新議長が就任し、広報広聴委員会に1期目の議員も加わり、過去に他の委員会の委員長経験のあるベテラン議員が新たに正副委員長に就任し、前期からの課題を引き継ぎ、改善しながら議会報告会を継続していくことが全会一致で確認され、専門家に具体的なアドバイスを求めることとなった。
 基本条例制定後の議員研修の講師としてお世話になり、全国の自治体で活躍されている牧瀬稔先生(一般財団法人地域開発研究所上席主任研究員/法政大学大学院公共政策研究科)に早速お願いし、正副委員長との面会の機会を設けることができた。本市の議会報告会の現状と課題をお伝えすると、他自治体の例も挙げながら客観的に分析していただき、議会側からの一方的な報告ではなく、テーマを設定した対話型のワールドカフェ方式での実施を提案いただいた。後日、先生からのアドバイスを委員会に報告し、本年5月8日の開催が決定したのは半年前の昨年11月のことだった。

ワールドカフェ方式の概念図ワールドカフェ方式の概念図

「カフェトークふじさわ」のポスター「カフェトークふじさわ」のポスター

 テーマの設定については、市民と議員が共有できる課題であり、会派間の対立を生まず、特に若い世代の生の声を実際に聞くことを視野に入れ、委員長の提案により選挙権年齢の18歳以上への引下げが実現する参議院議員の選挙時期を見据えて「投票率の向上」とした。
 周知に当たっては、議会事務局の若手職員の提案を正副委員長が積極的に採用してくださり、ネーミングは市議会らしからぬ「議員と話そう!カフェトークふじさわ」とし、ポスターのデザインは少しでも若い人に参加してもらいたいとの思いを込めて作成した。ポスターは、市内の高校や大学全校に郵送だけでなく議員が直接持参し掲示の協力を依頼した。また、牧瀬先生より従来型の周知方法である自治会へのチラシの回覧などよりも、若い世代に訴える広報戦略を提案いただき、マスコミへのプレスリリース等が功奏し地方紙や地域情報誌にも紹介され、当日は地元ケーブルテレビの取材も受けることとなった。また、一部議員のフェイスブックなどでの積極的な働きかけ等も行った。
 加えて、ワールドカフェ方式の議員への理解を深めるため、副委員長が各地で開催されたワールドカフェ方式の会議に積極的に参加して結果を委員会に報告し、ノウハウの取得やイメージの共有化を進めた。

カフェトークの様子カフェトークの様子

カフェトークの様子カフェトークの様子

 当日は、議長をはじめ午前の部の担当議員を含め19人が集合し、庁舎に隣接するビルへの使用機材の搬入や飾付けなどの会場設営を行った。ファシリテーターを務めていただく牧瀬先生とボランティアでテーブルホストを務めていただく先生の教え子の大学生6人も開始の1時間前に会場入りし、議員との顔合わせを行ってから午前の部が開会された。
 議長からの挨拶と簡潔な議会報告の後、牧瀬先生から藤沢市議会議員選挙の投票率について、参加者に説明がされた(実は昨年の市議選の投票率は38.7%で、県内で最も低い状況にある)。そして、まず投票率県内最下位を脱出し、さらに50%を目指すための方法を参加者に考えていただき、各テーブルホストの大学生の奮闘を議員が聞き役となって助け、活発な意見交換が展開された。県外の市議会議員の視察やマスコミ関係者の取材、見学に訪れた市選挙管理委員会の職員も加わり、定員120人の会議室が狭く感じられるほどであった。
 「なぜ投票率が低いのか、なぜ投票に行かないのか」、「投票率が向上することによるメリットやデメリット」、「自分と議員との関わりはどこか、自分と市政の関わり」、「投票率を上げるにはどうすればよいか」の4つのテーマごとにテーブルのメンバーをシャッフルし、意見を書いた付箋を仕分けて模造紙に貼り、テーブルごとに発表してもらった。それをファシリテーターの牧瀬先生にまとめていただき、最後には参加者全員で記念撮影を行って午前の部が閉会となり、午後の部も同様の方法で意見交換が行われた。
 午前・午後合わせて42人の参加者に当日実施したアンケート結果(回収率69%)では、報告会の内容について「満足できる」と「少し満足できる」が合わせて93%を超え、「今後も参加したい」は72.4%という結果となった。

カフェトークアンケート結果抜粋カフェトークアンケート結果抜粋

今後の展望

 本年6月に、各委員会委員の改選が行われた結果、広報広聴委員会の正副委員長は再任され、2期目の新たな体制となった。「カフェトークふじさわ」の開催結果と主な意見をホームページで公開するとともに、今回の開催を踏まえて各会派に意見を求め、今後の議会報告会の方向性について協議が始まった。
 先日の広報広聴委員会終了後には、シチズンシップ(主権者)教育指定校に指定されている市内の県立高校の模擬投票の様子を全委員で見学するなど精力的な活動が継続しており、将来的に連携した事業の可能性についても模索している。

高校生の模擬投票の様子を見学する広報広聴委員会委員高校生の模擬投票の様子を見学する広報広聴委員会委員

 現在、11月下旬に第2回の「カフェトークふじさわ」が計画されている。第1回の分析、評価結果を当日指導いただいた牧瀬先生にも報告し、次回の協力についても快諾をいただくことができた。テーマについては新たなものも議論されたが、折しも18歳選挙権で初の国政選挙である参議院選挙が行われており若い世代の投票行動が注目を集めているため、前回の「投票率の向上」をさらに深めていくことが重要であるとの認識により検討を進めている。
 ワールドカフェ方式のノウハウは全議員で体感することができたものの、会場の雰囲気づくりや、前回の開催結果を生かした課題提起の仕方、開催結果を議会の意思としてまとめ、政策提言につなげていくなど、まだまだ課題は山積しており、改善はどこまでも続いていくように感じている。

この記事の著者

田口英太郎(藤沢市議会事務局議事課主幹)

藤沢市議会事務局議事課主幹。1989年藤沢市役所入庁。教育、税務、福祉、市長室秘書課課長補佐を経て、2014年に議会事務局へ出向。議事課で広報広聴委員会等を担当し、議会報の編集、議会報告会のサポートに携わる。

Copyright © DAI-ICHI HOKI co.ltd. All Rights Reserved.

印刷する

今日は何の日?

2020年 924

みどりの窓口オープン(昭和40年)

式辞あいさつに役立つ 出来事カレンダーはログイン後

議員NAVIお申込み

コンデス案内ページ

〔第2次改訂版〕地方選挙実践マニュアル 好評発売中!

自治体議員活動総覧

全国地方自治体リンク47

ページTOPへ戻る