地方自治と議会の今をつかむ、明日につながる

議員NAVI:議員のためのウェブマガジン

『議員NAVI』とは?

検索

2017.01.25 政策研究

被災地に公立初の“森の学校”を

LINEで送る

一般財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団事務局長 野口理佐子

東日本大震災から何を学ぶか――「アファンの森 震災復興プロジェクト」

 あの日から、6年の歳月が過ぎようとしています。あっという間に感じられるこの時間は、子どもたちにとってはどうだったのでしょうか。津波により甚大な被害を受けた宮城県東松島市野蒜地区。震災の年に小学校に入学した子どもたちは、2016年には仮設校舎で6年生となりました。子どもたちの成長に復興が追いつかないジレンマを抱えながら、小学校再建に当たり、森の学校をつくる活動が始まりました。
 C.W.ニコル・アファンの森財団では、東日本大震災を受け、これからの日本が安全で健康に暮らせる国であるためにはどうあるべきか、真剣に考える時期が来たと捉えました。そのためには今ここから、それぞれの地域固有の森や川、海などの生物多様性あふれる自然環境を取り戻すことが重要だと考えています。1986年より長野県黒姫の地で放置され荒廃した森を「アファンの森」としてよみがえらせる活動をしてきた当財団として、復興のために貢献できることは、豊かな森が持つ“森の癒やし(心のケア)”を提供すること、そして、森はよみがえるということを伝え、東北の森を再生するお手伝いをすることです。
 私たちの日頃の活動の主軸である「森の再生」と「心の再生」という2つの視点で、「アファンの森 震災復興プロジェクト」がスタートしました。「心に希望の木を植えること」、そして「命の森を育てること」、この活動を、東松島市を中心に始めたことが、その後、森の学校づくりへとつながっていきました。

癒やしの森への招待――東松島市と森の学校づくりの始まり

 「自然の猛威によって傷ついた心は、自然のチカラでしか癒やせない」。当財団理事長であるC.W.ニコルの言葉を信じ、2011年6月に被災地の子どもたちを黒姫の「アファンの森」に招待するチラシを被災各地に配りました。どの自治体もそれどころではないと見向きもされない中、唯一、東松島市教育委員会から「うちの子どもたちを招待してもらえますか」とご連絡いただき、東松島市との交流が始まりました。当時の教育委員会次長は、「今こそ子どもたちの心のケアが急務です。壊滅的な被害にあった小学校の再建に当たり、森が子どもたちに与える効果も参考にしたいと思っています」と述べられました。
 当財団では、2002年から身体に障害がある子どもたちや虐待などによって心に傷を負った児童養護施設に暮らす子どもたちを命あふれる「アファンの森」に招待し、心と体を解放させるプログラム(=5センスプロジェクト)を展開してきました。このプロジェクトにより約700人以上の子どもたちの心の成長を見守ってきた実績をもとに、今回、被災地の子どもたちの招待に踏み切りました。財団スタッフとして、未曾有の震災・津波により一瞬にして家や街、家族や友だちを奪われた現実を目の当たりにした子どもたちに対して何ができるか不安でいっぱいでしたが、森の効果は、我々の想像をはるかに超えていました。参加者の方々からは、「震災後初めて笑った」とか、留守番をしていたおばあさまからは「アファンの森から帰ってきたら、孫が震災前のような様子に戻っていた。楽しかった思い出をみんなで話している姿に涙が止まらなかった」などご連絡をいただきました。このプログラムは2016年も続けられています。

写真1 「アファンの森」で遊ぶ被災地の子どもたち写真1 「アファンの森」で遊ぶ被災地の子どもたち

この記事の著者

一般財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団

森を守る。子どもたちの笑顔と日本の未来のために――作家C.W.ニコルが、1986年より日本の森の荒廃を憂い、長野県黒姫にある放置された里山を自ら買い取り、生命力豊かな本来の日本の森をよみがえらせることを目的に森づくりを始めました。2002年、森を永遠に残すためにC.W.ニコル・アファンの森財団を設立。手入れを始めて30年目の森には、地域的に絶滅が危惧される動植物が戻り、森の生態系が戻りつつあります。また、生命力あふれる豊かな森は人の心も豊かにすることを信じ、身体に障害のある子どもたちや心に傷を負った児童養護施設の子どもたち、被災地の子どもたちを森に招く「5センスプロジェクト」を実践。これがきっかけとなり、津波による被害を受けた小学校の再建に当たり、公立初の“森の学校”にすべく、東松島の森の再生と子どもたちの心のケアの活動を続けています。森林保全活動を通じて、地域の自然共生型社会形成に寄与することを目的に活動を展開しています。

Copyright © DAI-ICHI HOKI co.ltd. All Rights Reserved.

印刷する

今日は何の日?

2018年 817

千円札初めて発行(昭和20年)

式辞あいさつに役立つ 出来事カレンダーはログイン後

〔改訂版〕地方選挙実践マニュアル 好評発売中!

自治体議員活動総覧

全国地方自治体リンク47

ページTOPへ戻る