地方自治と議会の今をつかむ、明日につながる

議員NAVI:議員のためのウェブマガジン

『議員NAVI』とは?

検索

2018.08.10 New! 議会改革

【セミナーレポート】日本を変えるのは地方議会!1,100名が参加した「全国地方議会サミット」

LINEで送る

地方を変えるパイオニアとして

 全国の地方議員1,100名が参加する「全国地方議会サミット(以下、サミット)」が、2018年7月11日(水)、12日(木)の2日間、早稲田大学大隈講堂にて開催されました。主催はローカル・マニフェスト推進地方議員連盟、マニフェスト大賞実行委員会。これまでマニフェスト選挙、自治体間の善政競争を掲げて活動してきた両機関としても、1,000名を超える今回のサミットはこれまでにない参加規模で、両日とも大隈講堂は熱気に包まれました。
 サミットのテーマは「地方議会から日本を変える」。少子高齢化や財政難など、課題が山積する自治体、ひいては地方の課題を、議決権という強い権限を有する地方議会こそが解決していこうという強いメッセージが込められています。
 1日目は、まず「地方議会から日本を変える」と題して北川正恭早稲田大学名誉教授による基調講演がありました。北川名誉教授は「地方分権から地方創生へと進化させていく中で、これからはこの国を地方から変えていこう、議会から変えていこうということを考える二日間にしてほしい」と語りました。「執行部はどうしても法律や規則、条例に忠実になることを要請されるが、住民代表である地方議会こそは現行の制度をも変えていくことができるはずであり、地方を変えるパイオニア的存在となってほしい」としました。

地方議会から地方を変えようと力強いメッセージを語る北川名誉教授「地方議会から日本を変えよう」と力強いメッセージを語る北川名誉教授 また、「インタラクティブに情報が飛び交う現代にあって、何か隠そうと思っても隠せない時代となっている」として、90年代に問題となった官官接待など、政治と行政の癒着・汚職を超えて、真に地方の課題を解決するために、「オープン、フェアー、そしてクリーンな行政体こそが求められており、いまやオープンになることでしか説明責任は果たせない」と会場に提言をしました。そして、「政治のスタートは選挙であり、選挙のスタートがマニフェストである」として、来年の統一地方選挙への期待を語りました。

つづきは、ログイン後に

『議員NAVI』は会員制サービスです。おためし記事の続きはログインしてご覧ください。記事やサイト内のすべてのサービスを利用するためには、会員登録(有料)が必要となります。くわしいご案内は、下記の"『議員NAVI』サービスの詳細を見る"をご覧ください。

『議員NAVI』編集部

この記事の著者

『議員NAVI』編集部

Copyright © DAI-ICHI HOKI co.ltd. All Rights Reserved.

印刷する

今日は何の日?

2018年 817

千円札初めて発行(昭和20年)

式辞あいさつに役立つ 出来事カレンダーはログイン後

〔改訂版〕地方選挙実践マニュアル 好評発売中!

自治体議員活動総覧

全国地方自治体リンク47

ページTOPへ戻る