地方自治と議会の今をつかむ、明日につながる

議員NAVI:議員のためのウェブマガジン

『議員NAVI』とは?

検索

2018.08.10 議会改革

第2回 自治体議会の政策活動は多様であり多元的である~そのために議会事務局がなすべきこと~

LINEで送る

北海道自治体学会会員/同学会議会技術研究会共同代表/札幌市職員 渡辺三省

自治体議会の役割と現状

 昨今、自治体議会の間では、立法活動の必要性が強調されていますが、改めてこのことを考えてみます。
 日本国憲法では、41条で国会は国の唯一の「立法機関」(law-making organ)、93条で自治体議会は「議事機関」(deliberative organs)と規定されています。
 確かに、地方自治法では議員(12分の1以上)や委員会の議案提出権が規定されていますが、議事機関と位置付けられるからには、合議制機関として討議が期待されているのだと今更ながら思うのです。
 全国928の町村議会では、執行機関の職員数との比較で、1町村当たり議員定数が12.1人、うち事務局設置922町村議会の1町村当たり職員数が2.5人と圧倒的に少なく、立法活動を担うには心もとない状況にあります(全国町村議会議長会「第62回町村議会実態調査結果」)。また、全市議会の「政策的条例」については年間100件と、1市当たり1件にもなりません(全国市議会議長会「平成28年度市議会の活動に関する実態調査結果」)。
 議会の活動は、立法活動を行っていく上で非常に厳しい環境、状況にあるといえます。

つづきは、ログイン後に

『議員NAVI』は会員制サービスです。おためし記事の続きはログインしてご覧ください。記事やサイト内のすべてのサービスを利用するためには、会員登録(有料)が必要となります。くわしいご案内は、下記の"『議員NAVI』サービスの詳細を見る"をご覧ください。

この記事の著者

渡辺三省(札幌市職員)

北海道自治体学会会員、同学会議会技術研究会共同代表、北海道都市地域学会会員、NPO法人公共政策研究所理事、札幌市職員。議会基本条例試案を、北海道自治体学会議会研究会の一員として公表(2004年)。著書に『NPOバンクを活用して起業家になろう!』(共著)

Copyright © DAI-ICHI HOKI co.ltd. All Rights Reserved.

印刷する

今日は何の日?

2018年1020

初の小選挙区比例代表並列制選挙(平成8年)

式辞あいさつに役立つ 出来事カレンダーはログイン後

『議員NAVI』お申込みはこちら

〔第2次改訂版〕地方選挙実践マニュアル 好評発売中!

自治体議員活動総覧

全国地方自治体リンク47

ページTOPへ戻る