地方自治と議会の今をつかむ、明日につながる

議員NAVI:議員のためのウェブマガジン

『議員NAVI』とは?

検索

2018.12.10 議会運営

第41回 タブレット導入は改革にどう役立つのか

LINEで送る

議会事務局実務研究会 吉田利宏

お悩み(ICTは苦手さん 60代 市議会議員)
 中規模市の議会の議運委員長です。議会基本条例を制定し、次は議会改革として全議員にタブレットを導入したらどうかとの声が高まっています。正直、他の議会はどのようなメリットのために導入しているのでしょうか。私自身、タブレットを使ったこともなく、タブレット導入に際して、どのような議論をしたらいいのか見当がつきません。議論の方向性を教えていただけると助かります。

回答案
A 議会は、タブレットを導入すると紙媒体の資料を減らすことができる。圧倒的なコストダウンを図ることができるタブレットの導入は議論の必要なく議会改革に欠かせない。
B タブレットが議場に置かれているだけで、住民の目には改革の成果に見える「改革の見える化アイテム」である。どのような形でアピールできるかを踏まえて導入の議論をすべきである。
C タブレットの使い方によっては議会改革につながるが、議会として、どのような使い方を想定し、どのような成果を期待するのか、他の導入議会の研究から始めるべきである。

お悩みへのアプローチ

  タブレットを導入する議会が増えています。確かに、議会基本条例の制定議会の数は頭打ちですから、次の改革はタブレットの導入だという雰囲気があります。ただ、ICT関係に弱いというのも、比較的高齢者が多い議会の弱点かもしれません。「あんなことも、こんなこともできる」的に書かれた業者のパンフレットを見ると、導入すれば、議会改革が一足飛びに実現できるような気もしてきます。

つづきは、ログイン後に

『議員NAVI』は会員制サービスです。おためし記事の続きはログインしてご覧ください。記事やサイト内のすべてのサービスを利用するためには、会員登録(有料)が必要となります。くわしいご案内は、下記の"『議員NAVI』サービスの詳細を見る"をご覧ください。

議会事務局実務研究会

この記事の著者

議会事務局実務研究会

議会事務局実務研究会 2011年6月、元衆議院法制局参事の吉田利宏氏と町田市議会事務局調査法制係担当係長(当時)の香川純一氏の呼びかけにより発足。自治体議会事務局、国会事務局・法制局、国会図書館の職員及び経験者によって構成された実務家集団。会員が日常抱えている小さな疑問や課題を持ち寄り、それらについてオフサイトミーティング形式で意見交換、情報交換をしながら、実務の視点に立った研究実績を、論考、講演など各種のメディアで展開。全国の議会事務局のアドバイザー的存在として実績を重ねている。 吉田利宏 よしだ・としひろ 「議会事務局実務研究会」呼びかけ人・元衆議院法制局参事 1963年神戸市生まれ。早稲田大学法学部卒業後、衆議院法制局に入局。15年にわたり法律案や修正案の作成に携わる。現在、大学講師などの傍ら法令に関する書籍などの執筆、監修、講演活動を展開。著書『ビジネスマンのための法令体質改善ブック』(第一法規、2008年)、『元法制局キャリアが教える 法律を読む技術・学ぶ技術〈第2版〉』(ダイヤモンド社、2007年)、『元法制局キャリアが教える 法律を読むセンスの磨き方・伸ばし方 』(ダイヤモンド社、2014年)、『新法令用語の常識』(日本評論社、2014年)ほか。

Copyright © DAI-ICHI HOKI co.ltd. All Rights Reserved.

印刷する

今日は何の日?

2019年 620

沖縄諸島に戦後はじめて日本機飛ぶ(昭和42年)

式辞あいさつに役立つ 出来事カレンダーはログイン後

議員NAVIお申込み

コンデス案内ページ

〔第2次改訂版〕地方選挙実践マニュアル 好評発売中!

自治体議員活動総覧

全国地方自治体リンク47

ページTOPへ戻る