地方自治と議会の今をつかむ、明日につながる

議員NAVI:議員のためのウェブマガジン

『議員NAVI』とは?

検索

2018.12.10 選挙

2019年統一地方選挙に向けて

LINEで送る

選挙プランナー/アスク株式会社代表取締役社長 三浦博史

 来年は春に統一地方選、夏には参院選と、まさに選挙イヤー。一部には衆参同時選挙という声も聞かれる。加えて、5月の新天皇即位・改元、G20大阪サミット、秋の消費税率引上げ等、重要日程がめじろ押しだ。そこで今回は、来年春の統一地方選での必勝のためのポイントをまとめてみた。
 選挙、特に地方選は“一夜漬け”のような活動で当選できるほど甘いものではなく、また、何らかの種まきをしておかなければ“奇跡”が起きるものでもない。確かに昨年夏に行われた東京都議会議員選挙では、“小池ブーム”により「都民ファースト旋風」が吹き荒れ、同党から立候補した、およそ準備らしい準備をほとんどしていなかった候補者も含め、50人中49人が当選ということがあったことは事実だ。しかしブームが過ぎ去った今、彼らには次の選挙で厳しい現実が待っているものと思われる。つまり、地方選は日々の活動の積み重ねの結果が票に直結する選挙なのだ。

つづきは、ログイン後に

『議員NAVI』は会員制サービスです。おためし記事の続きはログインしてご覧ください。記事やサイト内のすべてのサービスを利用するためには、会員登録(有料)が必要となります。くわしいご案内は、下記の"『議員NAVI』サービスの詳細を見る"をご覧ください。

三浦博史(選挙プランナー)

この記事の著者

三浦博史(選挙プランナー)

選挙プランナー/アスク株式会社代表取締役社長 慶應義塾大学法学部卒。銀行勤務、代議士秘書等を経て、米国国務省の招聘で政治・選挙事情視察後、国内初の選挙プランニング会社アスク株式会社を設立。全国有力知事、市長、国会、地方議員等、多くの選挙戦を手掛ける。2013年4月には公選法改正(ネット選挙解禁)に伴う与党側参考人として国会で答弁、ネット選挙に関する第一人者でもある。 『完全解説 インターネット選挙』(国政情報センター)、『あなたも今日から選挙の達人』(ビジネス社)、『ネット選挙革命』(PHP研究所)他著書多数。 一般社団法人日本選挙キャンペーン協会専務理事他

Copyright © DAI-ICHI HOKI co.ltd. All Rights Reserved.

印刷する

今日は何の日?

2019年 620

沖縄諸島に戦後はじめて日本機飛ぶ(昭和42年)

式辞あいさつに役立つ 出来事カレンダーはログイン後

議員NAVIお申込み

コンデス案内ページ

〔第2次改訂版〕地方選挙実践マニュアル 好評発売中!

自治体議員活動総覧

全国地方自治体リンク47

ページTOPへ戻る