地方自治と議会の今をつかむ、明日につながる

議員NAVI:議員のためのウェブマガジン

『議員NAVI』とは?

検索

2019.03.11 議会運営

定員割れによる再選挙──群馬県昭和村議会議員選挙

LINEで送る

東京大学名誉教授 大森彌

 公職選挙法は、市町村議会議員の一般選挙において、立候補の届出が議員定数を下回り、欠員が定数の6分の1を超えた場合は、欠員分の再選挙を行うよう定めている。その場合は、14日間の異議申立期間を経て、50日以内に再選挙を行わなければならない。それが群馬県昭和村で起こった。
  昭和村は、人口約7,400人、群馬県中部の赤城山の北西に位置し、高原野菜や特産のコンニャク芋の生産が盛んな地域である。1982年に22人であった議員定数は徐々に減らされ、2006年の一般選挙から現在の12人になっている。2014年選挙では13人が立候補して選挙は投票になった。
定数12人の昭和村議会の場合は、定数の6分の1は2人である。立候補者が10人いれば再選挙は避けられた。しかし、あと1人及ばずに再選挙ということになった。再選挙での立候補届出は女性2人と男性1人の新人3人であった。ちょうど定数の12人になり、無投票当選となった。地元村議がいない地区を中心に侯補者擁立が模索されたという。
 最初の当選者9人は、8人が現職、1人が元職で、全員が男性、年齢は60歳代、職業は7人が農業、政党役員が1人とパートが1人であり、再選挙での当選者3人は、いずれも新人で、男性は自営業で50歳代、女性2人は60歳代、1人は無職、1人は農業である。12人中11人が無所属、1人が共産党である。ちなみに、昭和村議会議員の現行の報酬は、議員が月額17.7万円、議長が24.8万円、副議長が19.9万円である。

つづきは、ログイン後に

『議員NAVI』は会員制サービスです。おためし記事の続きはログインしてご覧ください。記事やサイト内のすべてのサービスを利用するためには、会員登録(有料)が必要となります。くわしいご案内は、下記の"『議員NAVI』サービスの詳細を見る"をご覧ください。

大森彌(東京大学名誉教授)

この記事の著者

大森彌(東京大学名誉教授)

東京大学名誉教授 1940年生まれ。東京大学大学院修了、法学博士。1984年東京大学教養学部教授、1996年東京大学大学院総合文化研究科教授、同年同研究科長・教養学部長、2000年東京大学定年退官、千葉大学法学部教授、東京大学名誉教授、2005年千葉大学定年退官。地方分権推進委員会専門委員(くらしづくり部会長)、日本行政学会理事長、自治体学会代表運営委員、川崎市行財政改革委員会会長、富山県行政改革推進会議会長代理、都道府県議長会都道府県議会制度研究会座長、内閣府独立行政法人評価委員会委員長等を歴任。社会保障審議会会長(介護給付費分科会会長)、地域活性化センター全国地域リーダー養成塾塾長、NPO地域ケア政策ネットワーク代表理事などを務める。著書に、『人口厳守時代を生き抜く自治体』(第一法規、2017年)、『自治体の長とそれを支える人びと』(第一法規、2016年)、『自治体職員再論』(ぎょうせい、2015年)、『政権交代と自治の潮流』(第一法規、2011年)、『変化に挑戦する自治体』(第一法規、2008年)、『官のシステム』(東京大学出版会、2006年)ほか。

Copyright © DAI-ICHI HOKI co.ltd. All Rights Reserved.

印刷する

今日は何の日?

2019年 519

日本で初めてボクシングの世界チャンピオン(白井義男)誕生(1952)

式辞あいさつに役立つ 出来事カレンダーはログイン後

議員NAVIお申込み

〔第2次改訂版〕地方選挙実践マニュアル 好評発売中!

自治体議員活動総覧

全国地方自治体リンク47

ページTOPへ戻る