地方自治と議会の今をつかむ、明日につながる

議員NAVI:議員のためのウェブマガジン

『議員NAVI』とは?

検索

2020.02.25 選挙

動画共有サービスと選挙運動/実務演習〈地方行政〉

LINEで送る

内閣官房内閣人事局 大畑宏之

 A市においては、12月に市議会議員選挙が予定されている。当該選挙に立候補する予定であるBは、選挙カーや演説会などを中心とした従来の選挙運動よりも、YouTube等のような動画共有サービスを駆使した選挙運動を行いたいと思っている。Bは、友人であるA市役所のC君に次のようなことは可能かどうか尋ねることとした。C君は、Bにどのように答えたらよいか。
①  Bが、コンサルタント会社に自身への投票を呼びかける動画を主体的に企画作成させ、その内容をBが確認した上で、動画に投稿すること。
②  Bが、Bのイメージカラーのジャンパーを着た者が単に「投票に行こうよ」という内容の「5秒スキップ広告(有料)」を匿名で掲載すること。
③  Bの所属する政党が、選挙運動用ウェブサイトに直接リンクした有料バナー広告を当該政党等の名称を表示した形で動画共有サービスのサイトに掲載すること。

1 はじめに

 昨今、報道等において、YouTube等の動画共有サービスを用いた選挙運動について取り上げられることも多く、今後、さらなるソーシャルメディアの発展により、このような選挙運動が広がっていくものと思われる。
 そこで、設問のような具体的な事例を検討することにより、公職選挙法(昭和25年法律100号。以下「法」という)におけるインターネット選挙運動に係る規定について理解を深めていきたい。なお、文中意見にわたる部分は筆者の私見であることをお断りする。

つづきは、ログイン後に

『議員NAVI』は会員制サービスです。おためし記事の続きはログインしてご覧ください。記事やサイト内のすべてのサービスを利用するためには、会員登録(有料)が必要となります。くわしいご案内は、下記の"『議員NAVI』サービスの詳細を見る"をご覧ください。

この記事の著者

大畑宏之(内閣官房内閣人事局)

Copyright © DAI-ICHI HOKI co.ltd. All Rights Reserved.

印刷する

今日は何の日?

2020年 4 5

明石海峡大橋開通(平成10年)

式辞あいさつに役立つ 出来事カレンダーはログイン後

議員NAVIお申込み

コンデス案内ページ

〔第2次改訂版〕地方選挙実践マニュアル 好評発売中!

自治体議員活動総覧

全国地方自治体リンク47

ページTOPへ戻る