地方自治と議会の今をつかむ、明日につながる

議員NAVI:議員のためのウェブマガジン

『議員NAVI』とは?

検索

2019.06.25 議員活動

後援団体が商店街の協賛を得て提示すると割引サービスが受けられる会員証を作成し会員に無償で交付できるか/実務と理論

LINEで送る

齋藤晴紀 総務省大臣官房総務課

1 はじめに

 公職選挙法(昭和25年法律100号。以下「法」という)における後援団体は、選挙の行われる期間外でも、普段から様々な活動を行っているものと考えられる。本問では、法が禁止する寄附の観点から、当該後援団体の日常の活動における留意事項について、近年の実例をもとに解説する。
 なお、文中意見にわたる部分については、筆者の私見であることをあらかじめお断りしておく。

2 公職選挙法における寄附の定義

 「寄附」については、法179条2項において、「金銭、物品その他の財産上の利益の供与又は交付、その供与又は交付の約束」で「党費、会費その他債務の履行としてなされるもの以外のもの」と定義している。ここでいう金銭、物品は、財産上の利益の例示にすぎないのであって、必ずしも有体物に限られず、債務の免除、金銭、物品の貸与、労務の無償提供等も財産上の利益に該当するものとされている。
 法は、金のかかる選挙の是正と選挙の公正の確保を目的として、選挙区内にある者に対する寄附について様々な規制を設けている。

つづきは、ログイン後に

『議員NAVI』は会員制サービスです。おためし記事の続きはログインしてご覧ください。記事やサイト内のすべてのサービスを利用するためには、会員登録(有料)が必要となります。くわしいご案内は、下記の"『議員NAVI』サービスの詳細を見る"をご覧ください。

この記事の著者

齋藤晴紀(総務省大臣官房総務課)

Copyright © DAI-ICHI HOKI co.ltd. All Rights Reserved.

印刷する

今日は何の日?

2020年 927

日独伊三国同盟締結(昭和15年)

式辞あいさつに役立つ 出来事カレンダーはログイン後

議員NAVIお申込み

コンデス案内ページ

〔第2次改訂版〕地方選挙実践マニュアル 好評発売中!

自治体議員活動総覧

全国地方自治体リンク47

ページTOPへ戻る