地方自治と議会の今をつかむ、明日につながる

議員NAVI:議員のためのウェブマガジン

『議員NAVI』とは?

検索

2019.06.25 議員活動

議会は条例のどこを審査すべきか

LINEで送る

千葉県議会議員 網中 肇

はじめに

 自治体議会には、住民を代表する機関として法律の定めにより様々な権限が与えられており、これらの権限に基づいて仕事をしています。
 自治体が条例や予算を定めるときなどには、首長は議会の議決を必要とします。議決を必要とする事項(例えば条例の制定改廃など)は地方自治法96条で定められています。この議決権は議会の最も本質的な権限で、議会が「議決機関」といわれる理由とされています。
 したがって、議会にとって条例案の審査は最も重要な仕事の一つですが、実際の審査はどのようになされているのでしょうか。私見になりますが、以下、条例を審査する際に日頃から意識しているチェックポイントやアプローチ方法について記述します。皆様の参考になれば幸いです。

つづきは、ログイン後に

『議員NAVI』は会員制サービスです。おためし記事の続きはログインしてご覧ください。記事やサイト内のすべてのサービスを利用するためには、会員登録(有料)が必要となります。くわしいご案内は、下記の"『議員NAVI』サービスの詳細を見る"をご覧ください。

網中肇(千葉県議会議員)

この記事の著者

網中肇(千葉県議会議員)

1972年千葉県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業、政策研究大学院大学政策研究科修了。千葉市職員を経て2011年より千葉県議会議員。現在3期。

Copyright © DAI-ICHI HOKI co.ltd. All Rights Reserved.

印刷する

今日は何の日?

2020年 927

日独伊三国同盟締結(昭和15年)

式辞あいさつに役立つ 出来事カレンダーはログイン後

議員NAVIお申込み

コンデス案内ページ

〔第2次改訂版〕地方選挙実践マニュアル 好評発売中!

自治体議員活動総覧

全国地方自治体リンク47

ページTOPへ戻る