地方自治と議会の今をつかむ、明日につながる

議員NAVI:議員のためのウェブマガジン

『議員NAVI』とは?

検索

2019.10.25 議員活動

第1回 議員提案条例は新たなステージへ

LINEで送る

関東学院大学法学部地域創生学科教授 津軽石昭彦

1 分権改革から20年を前に

 我が国の明治以降の政治・行政の中で、明治維新、戦後改革に次ぐ「第三の改革」といわれた地方分権改革(以下「分権改革」という)による具体的な制度改正として475本の法改正等が行われた、いわゆる地方分権一括法(1)が施行されてから来年で20年の節目の年を迎えようとしている。
 分権改革に関しては、今なお、様々な改革が進められているところであるが、中央政府(国)と地方政府(自治体)の制度的な位置関係を大きく変えたのが、第1次分権改革で行われた「機関委任事務の廃止」であろう。
 そもそも、我が国の地方制度は、明治維新以来、中央集権的であり、その基本構造は戦後も残り続け、機関委任事務が存在していた時代には、機関委任事務に関し、自治体の首長は、国の各大臣の下部機関として位置付けられ、国の統治機構の一部に組み入れられていた。機関委任事務は、都道府県で自治体事務全体の8割にも達していたとされる。
 機関委任事務に関する議会の関与も限定的であり、機関委任事務に関しては、国の下部機関である首長の事務であり、当該自治体固有の事務ではないと解されることから、条例を制定することもできず、また、地方自治法第100条に基づく、いわゆる100条調査権の対象外とされるなど、議会の権限が及ばないものもあった。

バナー画像:八ヶ岳©ganden(クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0国際))を改変して使用

つづきは、ログイン後に

『議員NAVI』は会員制サービスです。おためし記事の続きはログインしてご覧ください。記事やサイト内のすべてのサービスを利用するためには、会員登録(有料)が必要となります。くわしいご案内は、下記の"『議員NAVI』サービスの詳細を見る"をご覧ください。

津軽石昭彦(関東学院大学法学部地域創生学科教授)

この記事の著者

津軽石昭彦(関東学院大学法学部地域創生学科教授)

岩手県生まれ。1982年岩手県入庁、法務、行政改革、環境、議会等の担当を経て2018年3月退職、同年4月から現職。2009年より岩手県立大学非常勤講師(政策法務論)。この間、各種政策や条例などの企画立案、市町村の議員提案条例の支援等に携わる。2011年度自治体学会賞論文奨励賞受賞。著書に「青森・岩手県境産業廃棄物不法投棄事件」(共著、第一法規)、「議員提案条例をつくろう」(単著、第一法規)など。

Copyright © DAI-ICHI HOKI co.ltd. All Rights Reserved.

印刷する

今日は何の日?

2020年 927

日独伊三国同盟締結(昭和15年)

式辞あいさつに役立つ 出来事カレンダーはログイン後

議員NAVIお申込み

コンデス案内ページ

〔第2次改訂版〕地方選挙実践マニュアル 好評発売中!

自治体議員活動総覧

全国地方自治体リンク47

ページTOPへ戻る