地方自治と議会の今をつかむ、明日につながる

議員NAVI:議員のためのウェブマガジン

『議員NAVI』とは?

検索

2020.01.10 議員活動

参議院比例代表選挙において特定枠名簿登載者のいる政党等の当選者はどのように決まるか/実務と理論

LINEで送る

内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局 髙野奈穂

1 はじめに

 第196回国会において、公職選挙法の一部を改正する法律(平成30年法律75号。以下「改正法」という)が議員立法により成立し、平成30年7月25日に公布、同年10月25日から施行された。この改正法により、参議院選挙区選出議員及び参議院比例代表選出議員の定数が増加されるとともに、全国的な支持基盤を有するとはいえないが国政上有為な人材又は民意を媒介する政党がその役割を果たす上で必要な人材を当選しやすくさせられるよう、参議院比例代表選出議員の選挙についていわゆる「特定枠制度」が導入され、改正法の規定が初めて適用された令和元年7月に執行された参議院選挙では、三つの参議院名簿届出政党等がこの特定枠制度を利用し、計4人の特定枠名簿登載者(後述)が当選する結果となった。
 本問では、特定枠制度について、従来の制度からの変更点を解説しつつ、具体の事例における当選人の決定について検討することとしたい。  
 なお、文中意見にわたる部分については、筆者の私見であることをあらかじめお断りしておく。

つづきは、ログイン後に

『議員NAVI』は会員制サービスです。おためし記事の続きはログインしてご覧ください。記事やサイト内のすべてのサービスを利用するためには、会員登録(有料)が必要となります。くわしいご案内は、下記の"『議員NAVI』サービスの詳細を見る"をご覧ください。

この記事の著者

髙野奈穂(内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局)

Copyright © DAI-ICHI HOKI co.ltd. All Rights Reserved.

印刷する

今日は何の日?

2020年 927

日独伊三国同盟締結(昭和15年)

式辞あいさつに役立つ 出来事カレンダーはログイン後

議員NAVIお申込み

コンデス案内ページ

〔第2次改訂版〕地方選挙実践マニュアル 好評発売中!

自治体議員活動総覧

全国地方自治体リンク47

ページTOPへ戻る